現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一喜一憂


2012-12-10 21-39-05


昨日の領土、乱舞戦。


2012-12-10 21-39-051


泣けなしのお小遣いをはたいて1箇所だけ+7にして悪あがき。


2012-12-10 21-39-052


エリアデさんや、ありなさんの動画で、自分の動きをシュミレーション。


2012-12-10 21-39-11


ぶっちゃけ、めちゃめちゃ不安だったけど・・・

PTメンの皆さんの言葉に、思わず泣きマーク。




「基本からやり直します」

前回のバクさんの言葉が、胸に突き刺さった。


まだまだ慣れたわけでもないし、
何かをできるようになったわけでもない。


だけど、何度も何度も経験させてもらってるのに・・・


基本から・・・
基本もできてなかった自分が重くのしかかって。


自分が、どれだけダメダメだったかわかる分、きつかった言葉・・・。




めっちゃ逃げたけど、何度も死んで。

死んだ瞬間、『WIN』が出た時は、ほんと嬉しくて。


2012-12-10 21-39-32



『たのしかった!』


その言葉だけで、胸が軽くなって。


ちょっと、泣けた。





また必ず、新たな問題が浮上する。



ひとつひとつ

こうして改善していきたい。






先月、うちの美容部門に新人君が入社。


歓迎会は、忘年会と一緒に・・・ってことで、
面接以来、あまり煮詰まった話をしたことがなかった23歳の男子。
初めて、お昼ご飯が一緒になった時のこと。

「仕事どう?しんどくない?」

そんな、社交辞令的な一言から始まった話。



「美鈴さんは、いい人ですね」

いきなりのストレートな言葉に、びっくりしながらも、

「よく言われるんだよーw」

照れ隠しに笑って、軽く流してみた。





「・・・俺のこと、バカにしないで見ててくれてる」




・・・・・・へ?


彼の寂しそうな真剣な声に、箸が止まる。

対面に座る彼の顔は真剣で・・・少し寂しそうに見えた。



笑ったことを後悔した。

それくらい、彼は真剣な顔で、おいらを見ていて・・・




「俺、いつもバカにされるんっす。周りにも・・・親にも」


どう、言葉を返せばいいのか、一瞬、わからなかった。

出会ってから、たった1ヶ月。

彼のことは、勤務態度しか知らない。


安易なことは、言えないって、空気。



「何をバカにされるの?」

これをまず聞かなきゃ、と思った。



「バカだから・・・」

「・・・・・・・・・・・・。」

ヤバイ・・・
言葉が、そのまんま過ぎて、絶句しちまった・・・みたいな;;;



「前の店でも、お前はバカだ、ゆとりだから仕方ないってバカにされて・・・」


「・・・・・・・・・・。」

「前の店を辞めて、美容師なんか無理だって親にも言われて・・・」


行き場のない、彼の心の叫びみたいのが、とても痛かった。




「おいらにとって、バカって言葉は、愛情表現に近い感じ」



おいらの発言に、彼は「え?」って、目を丸くした。


「バカって言葉にも色んな意味があると思うんだよ。」


的がズレてるのは、百の承知。


「おいらは自分のこともバカだと思ってるし、バカな自分が好きだったりもするんだ、これが。」


でも、伝えたかった。


「数列の計算も、人との計算も苦手なおいらが商売なんかやっちゃてる時点でバカだと思うしさ。」


行き場のない心を、少しでも解放させてあげたかった。


「まだまだダメだなーって思うことばっかりだよ。これは多分、一生続くんだと思ってる。」


リアル社会でも、ネット世界でも。


「U君、頑張ってるじゃん。遅刻だってしてないし、言われたことはやってくれてるって報告受けてるよ。」

「でも、前の店では、言われる前にやれってよく怒られて・・・」

「前の店は切り離していいよ。そういうのって自然と体が覚えるものでしょ?美容の仕事と一緒だよ。」


人との関わりは、一緒だと思う。


「・・・気が、楽になりました。」

「おいらなんてさー。ネトゲでさー。凹むことばっかだよ?でも、楽しいんだよ。」

「え!何やってるんですか?」

「え!まさか、ネトゲやってたりするの?」

「俺、結構色んなのやってます」

「えー!じゃ、教えない!醜態を晒したくない!」

「あはは!すごく気になるんすけど」

「絶対、やだね。教えないもんね。」



彼と、笑顔で、ご飯を食べた。

バカ話をしながら。





ネット世界をバカにする人がいる。

だけど、おいらは、そうは思わない。



色んなものを、もらってる。

だから、こうして、彼とも笑ってられる。



そんなバカな自分が、大好きだったりする。










この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ズンコ

Author:ズンコ
。.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦

アダ名 ズンコ
キャラ名 MiSuZu
職業  精霊
Lv  104
鯖   べなんとか
ギルド あの空の彼方へ

。.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦:.。。.:♦♥♦

当ブログで掲載されているスクリーンショット等の著作権は
全て『Perfect World-完美世界-』に帰属しています。
-------------------------
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司
ALL RIGHTS RESERVED.
Copyright (c) 2006-2008 C&C Media Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。